美活ちゃんの自己紹介

 

3o代、肌荒れに悩むOLです。30歳を境目にお肌のトラブルが多くなり基礎化粧品の見直しが必要になりました。

このブログでは私が基礎化粧品を選ぶために学んだ美容の知識やスキンケアコスメの情報をお届けします!

 

 

私が基礎化粧品を選ぶときの基準

 

  • 商品の価格(コストパフォーマンス)
  • エイジングケア効果はあるのか?
  • 香り(匂い)

 

単純ですが1番最初に考えるのは以上の3つですね٩( ‘ω’ )و

商品の価格(コストパフォーマンス)

 

やっぱり、価格は1ばん大切です!いくら良い商品でも高すぎて使い続けなければ意味がないですからね。

 

エイジングケア効果はあるのか?

 

30歳を過ぎるとお肌の潤いも一気になくなってくるので、5年後10年後にも通用する化粧品なのかを成分などとともに一応かくにんします!

 

香り(匂い)

 

毎日つけるものなので、香りが自分似合わないとよくないですよね。わりと強めの香りも好きなんですが、自分のキャラにあった香りのコスメを選ぶようにしてますかね〜

 

いままで使ってきた基礎化粧品

  • オルビス アクアフォース
  • オルビス クリア
  • ディセンシア アヤナス
  • ディセンシア サエル
  • レクシア アルケミー

 

他にもトライアルなどでは色々使ってきたけど、本品購入にいたったのは上の5つぐらいですかね(゚ω゚)

三十路が選ぶ基礎化粧品の考え方

 

今、あげた基礎化粧品を夏と冬とでは使い分けたりしているけど、30過ぎるとしっかり保湿してくれるタイプのコスメを選ぶようになってきた気がしますね!

20代の頃は、夏、湿度が高いからって保湿スキンケアをおろそかにしていたせいか、毎年秋になると肌がボロボロ、インナードライ肌になってたので、年の功のあって保湿だけはしっかりするようになりましたね〜。

 

新陳代謝(ターンオーバー)を促すことが大事!

 

肌の新陳代謝(ターンオーバー)が支障なく行なわれると、肌が新しくなっていくから、必ずと言っていいほど思い描いた美肌になれると思います。

ターンオーバーが異常をきたすと、みっともない吹き出物とかニキビとかシミが出てきてしまいますからね〜。
フレグランス重視のものや評判のブランドのものなど、保湿力がトップクラスのものをセレクトすることで、入浴後であっても肌がつっぱりにくいですね。

 

もともと地黒だから、紫外線対策も気をつけています

 

もともと地黒の肌なので紫外線に当たるとすぐ焼けてしまいます。美白になりたいので、紫外線への対策も考えています。

室外に出ていなくても、紫外線は悪い影響を及ぼしますから、日中は室内でも日焼け止め用のコスメなどを塗布して対策をしておくことが大切ですよね。

食事からの美容成分も研究してます

美肌になるのが夢と言うなら、食事が鍵を握りますよね。その中でもビタミンをぜひとも摂るよう意識してます。どう頑張っても食事からビタミンを摂取できないと言う時だけは、サプリメントを利用することにしてますが。

やはり、食事からの栄養は欠かせません。お肌を作ることに欠かせないタンパク質や、お肌の新陳代謝には欠かせないビタミン。もちろん、ミネラルなどの栄養バランスにも気をつけて、潤いのある美白もっちりお肌を目指しています( ◠‿◠ )

 

 

自分より若い20代の方へのメッセージ

 

顔にニキビが発生すると、気になってしょうがないので思わず爪で押し潰したくなる心理状態になるのもわかりますが、潰したことが原因でクレーターのような穴があき、ニキビ跡が消えずにそのまま残ってしまいます。
乾燥肌または敏感肌で苦しんでいるという人は、特に寒い冬はボディソープを毎日毎日使うのを止めることにすれば、必要な水分量は失われません。お風呂のたびに身体をゴシゴシ洗わなくても、お風呂の中に10分程度入っていることで、自然に汚れは落ちます。
総合的に女子力を伸ばしたいなら、見かけも大切ではありますが、香りも重要です。優れた香りのボディソープを利用すれば、かすかに趣のある香りが残るので魅力的に映ります。

私のオススメいい香りのアルケミー

私が今使っているレクシアのアリケミーはとってもいい香りのスキンケアコスメです。発酵コスメにしては良心的な価格設定。薬局などでは売ってないのが難点ですが、通販ならお得に入手することもできちゃいます。

 

その他スキンケア方法

目元の皮膚は驚くほど薄いですから、力いっぱいに洗顔をしますと、肌を傷つける可能性があります。殊にしわの誘因になってしまう心配があるので、ゆっくりゆったりと洗うことを心がけましょう。
年齢が上がると乾燥肌で悩む人が多くなります。年齢を重ねると体の各組織にある油分であるとか水分が低下していくので、しわが誕生しやすくなることは確実で、肌のハリと弾力もダウンしてしまうわけです。
笑ったりするとできる口元のしわが、消えずにそのままの状態になっているという方もいらっしゃるでしょう。美容液を使ったシートパックをして潤いを補えば、笑いしわも解消できると思います。
首は常時露出されたままです。ウィンターシーズンに首周りを覆うようなことをしない限り、首は常時外気に晒された状態だと言えます。すなわち首が乾燥状態にあるということなので、ちょっとでもしわをストップさせたいというなら、保湿対策をしましょう。
首筋のしわはエクササイズにより薄くしたいものです。空を見る形であごを反らせ、首部分の皮膚を伸ばすエクササイズを行なえば、しわもステップバイステップで薄くなっていくこと請け合いです。
30歳を迎えた女性層が20歳台の若い時代と変わらないコスメでスキンケアをしても、肌の力のグレードアップが達成されるとは考えられません。使用するコスメ製品はコンスタントに再考するべきです。
栄養バランスの悪いジャンク食品ばかり食べていると、油分の摂取過多になるはずです。体の組織の中で順調に処理できなくなるということが原因で表皮にも悪い影響が及んで乾燥肌になることが多くなるのです。
「おでこの部分に発生すると誰かに気に入られている」、「あごに発生すると両思いである」などと昔から言われます。ニキビができてしまっても、良い意味なら胸がときめく感覚になることでしょう。
白ニキビはつい爪で押し潰したくなりますが、潰すことが元でそこから雑菌が入り込んで炎症を生じさせ、ニキビが手が付けられなくなることが予測されます。ニキビには手を触れないように注意しましょう。
敏感肌であれば、クレンジング用品も敏感肌に対して穏やかなものを選択してください。人気のミルククレンジングやしっとり系のクレンジングクリームは、肌への負荷が小さくて済むのでお勧めなのです。
確実にマスカラをはじめとしたアイメイクをしている日には、目の縁回りの皮膚に負担を掛けないように、一先ずアイメイク専用のリムーブグッズで落としてから、日頃行なっているクレンジングをして洗顔をしましょう。
入浴しているときに洗顔をするという場合、湯船の中の熱いお湯をすくって顔を洗う行為はやるべきではありません。熱いお湯の場合、肌に負担をかける結果となり得ます。程よいぬるま湯がお勧めです。